SPONSORED LINKS
オススメ★
みやんとも遊んで★
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
アルカディア featuring DAISHI DANCE
アルカディア featuring DAISHI DANCE (JUGEMレビュー »)
ムック,DAISHI DANCE
前人未踏のアルカディア、ムック節炸裂のNAME、ヘヴィメタFUZZ!!ヴィジュアルも要注目です★
RECOMMEND
RECOMMEND
カルマ(初回生産限定盤)(DVD付)
カルマ(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
ムック
過渡期でありつつも原点。彼らの業の全てが詰まっています★
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日常のあれこれ。

水底

<< ついてないから。 | main | 真面目な話。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ムック/ファズ。
評価:
ミヤ,MASAJI ASAKAWA,岡野ハジメ,谷丙午,ムック,逹瑯
ユニバーサル シグマ
¥ 1,350
(2007-10-31)
ファズ
正にトーキョーを表すような混沌とした感じがうごめくこの曲は、
一聴するとダンスミュージックかと思いきや、ROCKの力強さが全面に出ています。
まさに、ロックバンドがやっているダンスミュージック!
って感じで。
4つ打ちって心音のリズムに近いらしいので聴いてるとホントに心地良いんです♪
『いつか水の様に』からのパートが特に好きかな★

歌詞に注目してみると、
『自分勝手』に『。』がついて完結されてるのが珍しいなぁと思いました。
迷いながらも、最後にはポジティブな歌詞に収束するところも最近の曲のポイントなのかなん?
この2人がこれからどうなっていくのか、続きが知りたい気もします。

正に聴くごとに曲にハマってって抜け出せなくなって、
色鮮やかな世界感に身を預けるのがとても気持ち良いです。
ホント、早く生で体感したい!!


チェインリング
ロックバンドムックがすべてこの中に入ってると言っても過言ではない程、
逹瑯くんの歌も意志を感じさせる力強い歌になってます。
あの曲のGtフレーズなんかもさりげなく登場してみたり、
音作りの面で色んな工夫がされていて、何回聴いても新たな魅力を感じさせてくれる曲です。

逹瑯くんが『君』という言葉を使う時、
以前は、特定の誰かに当てた印象が強かったんですが、
最近はその場にいる一人一人の『君』を指しているように思います。←勝手ながら

それはムックが10年活動してきた中で手に入れた強さ、なのかもしれないし、
逹瑯くんがいつも言ってる、ブルーハーツのようにいつでも自分の近くにある歌、
そんな形のないものがムックにも宿ってきたのかもしれません。

だから、みぃなの中でこの曲は勝手に、
ムックとムッカーの共鳴曲
だと思ってるんですよ。

その位、回りの事全てをスゴイ勢いで巻き込んで未来へ飛び立つんだ!
という意思を深く感じるんです。

ホントに名曲だと、心から思います。


前へ Live ver.(2007/05/01 CLUB'CITTA')
かかった瞬間、お茶の間がライブハウスになります!
こんなの聴いたら今すぐにでもLIVEに行きたくなっちゃうZE!


ファズ electro cruisin' mix
今回のCDはいつも以上に全ての曲が繋がってるような気がして、
しかも起承転結あるような、まるで映画のサントラみたいな感じだと思うんですが。
さしずめこの曲は、字幕と映像のバックで流れるエンドロール的な感じです。
特にラストが未来に繋がるような感じでカッコイイ!

どんなバンドでも、たいていのリミックスものはあんまり好きじゃないんですが…
歌も硬派な感じだしこのミックスはかなり好きです♪

聴いてるうちに、ムックの既存の曲のリミックスも意外といけんじゃないか?って思いました。
メロディーが良い曲は、どんなアレンジでも出来るって言ってたし。
その理論はリミックスにも当てはまると思うんですけどね。


そして、DVDの方は…

ワースト以降のムックのLIVEの歴史が詰まってる、ライブクロニクルの予告編的なもので。
編集にスタッフさんからの愛情を感じました。
きっと膨大にあるVTRの中から、あれを作るのは根気と相当な努力が必要だったことでしょう。

見ていくうちに思ったのは、

ホントにサービス精神旺盛というか、
何撮られても気にしないメンバーのスタンスがスゴイ(・Å・)★

って事で。

ずーっと見てると、当時のLIVEの時の事を色々と思い出しますねん。
欲を言えば、めったにシューティングされない地方も入れてくれればいいのになぁ。

とにかく、
一番変革の時期を迎えた日々がギュッと詰まった、
逹瑯くんのMCがほど良く堪能出来る楽しい予告編です(笑)★
あっ!これどこどこの会場だ!って全部解ったムッカーさんがいたらマジ尊敬しちゃいますけどねん♪

個人的見所は鶯谷の空気感がすっごい入ってるとこと、
コメットさん、そして特にSATOちくんが素敵です♪

逹瑯くんの一言のあとのフライトでちょい涙目になっちゃいました…。
ホントいいバンドだムックは★

通常盤のおまけは…

おまけというにはあまりにも格式高い素晴らしい内容でした!!
さすが武道館バンドであり、海外LIVEを何本もこなしてきたムックが挑戦する前人未到?のチャレンジ企画…

そこに向かう前に個人インタビューも収録されているんですが、
YUKKEの場所が今年の夏をめちゃくちゃ感じさせるところで笑い…
(・Å・)失礼しました。真剣な企画でした。
メンバー全員、いつも以上にラフな格好ながらも、それぞれが闘志を燃やしているのが伺える表情で。
その先に何があるのかドキドキしつつも画面に釘付けになりました。

チャレンジ前、それぞれの時間を過ごすムックの皆さん。
大人なのにメンバーみんな割と可愛い…
(・Å・)思ってたよりおとなしいしうるさくない。
それぞれの個性もそれに強く出ていた気がしました。

さて、いよいよ本番。
いつも以上にアグレッシブな弾き方のYUKKE!
目の前の敵を倒すように無心でDrを叩くSATOちくん!
直立で自分の世界に入り込むミヤくん!
そして、独自の歌詞をアドリブで入れてくる逹瑯くん!

ムックのグルーヴと10年間の重みに、涙を流して感動する事しか出来ませんでした★
3人の獅子と1人の蠍はやっぱり強かった!!




んな訳ねーだろっ!!(笑)
| CD | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:36 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mizuzoko.jugem.jp/trackback/516
トラックバック