SPONSORED LINKS
オススメ★
みやんとも遊んで★
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
アルカディア featuring DAISHI DANCE
アルカディア featuring DAISHI DANCE (JUGEMレビュー »)
ムック,DAISHI DANCE
前人未踏のアルカディア、ムック節炸裂のNAME、ヘヴィメタFUZZ!!ヴィジュアルも要注目です★
RECOMMEND
RECOMMEND
カルマ(初回生産限定盤)(DVD付)
カルマ(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
ムック
過渡期でありつつも原点。彼らの業の全てが詰まっています★
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
日常のあれこれ。

水底

<< 10.11 12012 TOUR 薄紅と雨 目黒鹿鳴館。 | main | 09'11.29 杉本善徳 GIG『The.END』 渋谷AX。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
11.16 ムック WORLD CIRCUIT 2009『球体』FINAL JCB HALL。
二度目にして、勝手知ったる水道橋。
ということで、水道橋でご飯食べて会場前でちょっと待ってから入場♪
入場してすぐグッズを買い、ドリンクを引き換えてきてPA前のセンターをゲット♪
始まるまで2人でまったりのんびりしてたんですが、
何気なく気になって顔を上げると目の前にギルガメの姿が!
なんかほっこり(・▽・)人(・Å・)

ということはこれはもうすぐ始まるという合図だよね…

まばらだったフロアも人で満たされていて、
場内が熱を帯びてきたところで暗転。

最後になるであろう球体のSEをドキドキして聴きながら、メンバーの登場を待ちました。

一番最初に出てきたSATOちくんは割と正装っぽい衣装…
あとでうりちゃんに聞いたら、白のエクステがついてたらしいです。
YUKKEもカチッとした感じでしたがいつもより幼い印象を受けました(笑)
ミヤくんの髪がいつもに増してボハッ!としてて、
うん、これは良い感じの髪形だ、と一人納得していると、咆哮がスタート。
次の瞬間、ゆっくりと出てきた逹瑯くんに衝撃を受けました!!
逹瑯くんは、ドレッド?
って見間違う位のレゲエテイスト溢れる髪形で←でも似合ってた
その逹瑯くんの第一声は

「Are you ready 東京ー!!」

待ってました!!
っていい感じのスタートダッシュ。
武道館の時と比べて、この曲が馴染んできてるのが肌で解りました。
逹瑯くんは歌うところを飛ばしてシャウトに切り替えてて。
そんなところからも、ファイナルらしい気合いがひしひしと伝わってきました。

ハイドアンドシークも、ゆるやかでありながら、音は結構ハードめで。
この曲もだいぶツアーで成長したなぁ…という印象でした。
SATOちくんのアウトロつきのアゲハ
もはや定番の梟の揺り篭と続いて、
レミング
最初リズムがずれたりして不安だったんですが、
スキャット終わって一旦ブレイクしたと同時に逹瑯くんが「東京ー!」って叫んで!
その後にすっげー気持ちが持っていかれました。

その後のファズオズの流れは言わずもがな大盛り上がり大会★
オズなんてステージ上真っ暗で、
ミヤくんにスポットがガンッ!って当たった時にかっけぇ!!って思いました。
それと同じ位グッときたシーンがあって。
Aメロの時にSATOちくんが頭上でスティックを交差?しながらリズムとってた姿が!
もう最強にカッコ良かった!!!!!
改めて惚れ直しました♪

Baの音が気持ち良かったカナリア
浮游はGtの音が聴こえづらくて残念…

で、hanabi
逹瑯くん、高音とか声出てなかったです。
でも。

この日、一番気持ちが伝わってきた。

そんな素敵な歌を届けてくれました。

泣きそうになりました。

ミラーボールキレイだったなー。

MCは、なんかあんま覚えてないんですが、
海外のライブに来た人とか、海外から来た人を挙手させて聞いたり、
「君らも海外来たらいいと思いますよ」って言ってたり(笑)
でも、
そんな中でここ日本が一番盛り上がればいいなと思います、って言ってくれました。

PVとリンクしていた空と糸
♪眠るまで…の後のドーン!っていう轟音に合わせて視界が赤に変化するところ…
これはJCBでなきゃ味わえない名シーンだと思います。
凄かった。

シヴァでは、ミヤくんが上手の端でソロを弾いてて、
最後の方で中央に戻ってきてYUKKEと並んで弾いてる姿がステキでした。

茫然自失の物足りなさを、
次の蘭鋳ではじけさせて。
4カウントやる前にしゃがんだ時、
目の前がステージすら見えなかったが衝撃的でした★
一瞬だけ見えた逹瑯くんにときめいたりもして(笑)

本編ラストはフリージア
粛々と、淡々と終わった気がします。
色んなことが脳裏に浮かんでは消え、
正直、正気で聴いてなかったなぁ。
それを差し引いても、
どこがどうとは言えなかったけど、
まだまだこの曲はこんなもんじゃない、
もっともっと完成形に近づける気がしました。

いつものようにメンバーが退場していく時に、
SATOちくんが愛嬌たっぷりに投げキスしてた姿にちょっと和みました。
いつもより長い間があり、アンコール。
MCでは、海外のアンコールの掛け声の話をしていて。
(最初は違ったのに、今では日本と同様に「アンコール」になったらしいです)
それよりも触れるべきことは…

メンバー全員が喋った!

朱音祭最終日を思い出しました(しみじみ)
こういうのって、めったにないから嬉しかったです♪

SATOちくんは、海外行く前からずっとこのライブをやりたかったらしく、
「JCBでライブやれたのが本当に嬉しい」
と言ってくれました。
ちなみに、そんなSATOちくんの今回のツアーの名言は
「胃潰瘍って、恋の病だろ?」
「イタリアって、国?」
「南米って、アメリカじゃないの?」
以上です(笑)

YUKKEは、
「最後に日本に帰ってこれるっていうこの流れが素晴らしい」
「みんなが待っててくれるのがすごい嬉しかったんで、2010年からも宜しくお願いします。」
って、素直な感想を述べてくれました(笑)

そしてミヤくんは、
「言葉が通じるって素晴らしい」
「何回も飛行機に乗って、その度に何回落ちると思ったか…無事に帰ってこれて嬉しいです。有難う。」
ってこれまたスゴイことを話してくれて。
うん、メンバーが無事に帰ってきてくれたことがなによりですよね★

逹瑯くんが
「日本でまたツアーやりたくなった。その時は遊びにきてね。」
と言った後に始まったのはフライト
逹瑯くんとYUKKEのおっかけっこも楽しかった!
最後ミヤくんが「飛ぶぞー!」って叫んで。
みんな笑顔になったとこでスイミンがスタート!!
この日のスイミンは逹瑯くんのダンス、シャウト、なにもかもが最強でした♪
楽しかった(・▽・)人(・Å・)

んで、ここでまさかの大嫌い!!
下手にあるSpの前に座って歌う逹瑯くん。
踊り狂いまくる夢烏さん達。
狂気のエンディングを締めたのは、Dr台の前でGtを投げたミヤくんでした(笑)

そんなミヤくんは退場の時にFUCKタオルブン投げてました(笑)
本編の時とか、下手住人か!って位、いつも以上に下手にいる確率が高かったミヤくんでしたが、
この日の彼はひじょーにアグレッシブだった気がします(笑)
YUKKEもやっぱ自然に目がいっちゃう位動き回ってたし、
SATOちくんもいつも以上にいい男すぎてステキでした★
逹瑯くんは何かの曲の時にSATOちくんの側に寄ってって、スティックを何本かくすねて投げてたのが可愛かったです(笑)
あと、いつもより手拍子でみんなを煽るのが多かったかな…

いつものツアーのライブが、序盤からゆるやかに上昇していく線だとしたら、
今回のツアーファイナルは、1曲1曲独立した点が合わさった感じというか…
ファイナルらしい、これで終了!っていう線引きではなく、
まだまだこれからでしょ?って余白を残したライブだった気が、個人的にはしました。

配信限定シングルリリースの告知、フリージアのPV。
色々あったけど、

一番触れたかったこと。

フリージア -Rhodesian Ridgeback ver.-と共に流れるエンドロール。
写真と文字と共に今年のライブを振り返る構成。

スタッフロール。

偉大なスタッフの方の名前が流れる時、自然に起きた拍手。
そこにあるのは有難うの気持ち、それだけでした。

画面に現れた文字。

「I FUCK YOU」

「I HATE YOU」


「I LOVE YOU」


最後の言葉。

涙が出ました。


愛情の表現は数あれど、
これほど彼ららしい、愛のこもった言葉を受け取ったのは初めてです。

それ以上に、
彼らとの見えない絆が、より一層深まった気がしました。

この言葉があれば、一生彼らと生きていける。

信じていた存在が、形となって動き出した。

そんな一日の出来事でした。

そして、喜ぶべきことは、

まだまだこれが続いていくということ。

ムックの4人と夢狂に

心から伝えたい言葉は

「有難う」。
| LIVE | 03:39 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:39 | - | - |
コメント
みぃなと、夢狂もキスしたいです。
| BlogPetのやすくん | 2010/01/24 2:44 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mizuzoko.jugem.jp/trackback/973
トラックバック