SPONSORED LINKS
オススメ★
みやんとも遊んで★
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
アルカディア featuring DAISHI DANCE
アルカディア featuring DAISHI DANCE (JUGEMレビュー »)
ムック,DAISHI DANCE
前人未踏のアルカディア、ムック節炸裂のNAME、ヘヴィメタFUZZ!!ヴィジュアルも要注目です★
RECOMMEND
RECOMMEND
カルマ(初回生産限定盤)(DVD付)
カルマ(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
ムック
過渡期でありつつも原点。彼らの業の全てが詰まっています★
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
日常のあれこれ。

水底

<< 11'12.27 JACK IN THE BOX 2011 日本武道館。 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
11'12.31-12'1.1 Over The Edge'11 渋谷公会堂。
チケット取れたから久しぶりに参加ー。
ここまでくるのにいろいろハードルあったけどなんとかこの日を迎えられました★
お酒買ってコンビニ行ってとりあえず飲み物と軽食確保。
母校を横目に久々に渋公イン。
レモンないのなんか不思議だけど、やっぱり帰ってきた感が強い会場です。

しょっぱなは誰だろー?とワクワクしていると、幕が開き、
1番手は摩天楼オペラ
ちょっとダークな世界観の曲がステキでした。
落とし穴の底はこんな世界は、唯一知ってる曲だったからより楽しめました♪
欲を言えばもうちょっと前で見たかったよね…。

終わってからトイレ行ってコンビニ行って帰ってきたら
2番手がDOGintheパラレルワールドオーケストラ
カラフルで若さ溢れるパフォーマンスでした。
ほぼ最後の方しか見れなかった…。

3番手がMoran
緩急ついたステージングに大人の余裕すら感じました。
最後の曲終わって、VoのHitomiさんが1人ステージに残ってメッセージ残していったんだけど、
退場するときせわしなかったのが残念…。
でも、その言葉はちゃんと胸の中に響きましたよん。

4番手はYUKKEセッション
Vo.有村竜太朗(Plastic Tree)
Gt.aie(LOFTのバーテン)(笑)
Ba.YUKKE(バンマス)(笑)
Dr.ピエール中野(凛として時雨)
凛スティックムリーだっけ??
聞きなれたSEと共に登場して、ゆるく始まったのは…

ニルヴァーナ!!

前回参加した時もやったSmells Like Teen Spirits
お酒の力もありもーテンション上がりっぱなしでこの日最初に踊り狂いましたよん♪
何度聴いても名曲♡
個人的にこんな雰囲気の竜太朗さん好き。
ちょっとだけあったMCでは、
「ツイッターで出来たバンド」「このバンドのバンマス」話で盛り上がり(笑)
YUKKEが結構長く話してくれました。
そしてついにはYUKKEによるシングルベッド独唱!
旅行行けなかったし聞けて良かった…のか?(笑)
そして正式な2曲目はスピッツのロビンソン!!
声質雰囲気ぴったりバッチリな選曲で楽しませてくれました。

5番手はMix Speaker's Inc.
seekくんに赤いイメージがなかったからビックリした(笑)
前見た時よリバンドがガチッと固まった感じで、より安定感が増した気がしたし、
聴き慣れてる曲とかもあって楽しめました♪

6番手はlynch.
聴き慣れた曲もたくさんあって、ファンのヘドバンとかもすげー楽しめました♪
若干、似た曲が多いなーって思ってしまうのが残念ですが…。
あとやっぱ強烈に名古屋ーな匂いがありますねん。
もう何ミリかずれてたらきっとドハマリするんだろうなんって感じ。

7番手はAYABIE
夢人くんVoなの初めて…というか、彩冷えるも見たことないからほんとにお初でした。
KENZOくんイケメン推しな影アナ(笑)から始まって
終始フレンドリーかつPOPな印象のステージでした。
MCも慣れてる感じで自虐的ではあったけど、楽しもうとする姿勢が良いなーって思いました♪
思ってたより安心して見れる感じ。
そしてKENZOくんのDrはやっぱりカッコイイ★

8番手はYUKIセッション
Vo.YUKI(Mix Speaker's Inc.)
Gt.準々(DOGintheパラレルワールドオーケストラ)
     まゆ(DaizyStripper)
Ba.コースケ(heidi.)
Dr.輝喜(アンティック-珈琲店-)
若手ならではな感じで、UVERworldのGOLDSHAMROCKを披露。
まゆくん人気が高くてすごかったです(笑)
最後にラルクのREADY STEADY GO
JACK思い出した…てか、みんな好きなんだなーこの曲。

9番手はheidi.
ここでたまらなくなってお食事タイム。
ロビーで流れてくる曲を聞きながら贅沢にサンドイッチ食べてました(笑)

10番手はムック!!
サウンドチェック本人がやってたー♪←うり様が素早く指摘(笑)
マイクの鳴りをチェックして
「いこうか?」の逹瑯くんの声からほどなくしてスタート!
うん、こういうのすっごいアガる★

って思ったらSEがホムラウタ
2011年の暴れ納めにはもってこいです!
んでもって聞こえてきたのは茫然自失!!!!!
もうこれで完全火をつけられました★
煽りのない茫然久し振り♪
今までが嘘のようにあばれはっちゃけまくりな2人…完全に女捨ててんなぁ(笑)
でも、矢継ぎ早に飛び出したのが

絶望

!!!!!!!!!

最高!

この曲めちゃガツン!ってキました。
音の分離もそうだけど、逹瑯くんのやる気がスゲー感じられた!
なんか昔の匂いがあってすごくステキでした★
ここからフォーリングダウンに結びつく流れもすごく自然で。
カラーの違う曲をこれほどまでに筋の通った構成にできるなんて…
大袈裟に言うのならば、器が一気に何個もでっかくなっちゃった感じ。
やるなぁームック。
アルカディアでは逹瑯くんが客席にオシリ向けてフリフリ。
そっかーこの曲だったんかーと判明(笑)
この辺でやった曲を指折り数える…次が最後かな?って思ったら
「楽しい時間は短いね」と逹瑯くん。
ほんとそーだよねー(・▽・)人(・Å・)
最後の最後は大嫌いで締め!
口に出しては言えない人の顔を思い浮かべながら(笑)めーいっぱいストレス発散しました!
楽しかった♪

ハケる時SATOちくんがいつものようにスティック投げてたんですが、
なぜか飛距離が足りずステージ上に落下(笑)
ヤベッ!みたいな顔したSATOちくんがめちゃ可愛かったです♪
ミヤくんの上手→下手への高速横移動も見れたし大満足★
今年もライブ締めがムックでいかったなん♪

ここで一旦休憩を挟んで後半戦。
寒いからほとんどホールの中でまったりしてましたん。

11番手はSadie
前のOver The Egdeの時より、バンドとしてデカくなったというか、
ワンマンの時みたいな余裕すら感じられるステージでした。
景くんの叩き方が何気に好きなんだよなん♪
迷彩では亜季くんに注目してましたが、踊らず…。
変わりに美月くんと私の横にいた人が踊ってくれました(笑)
なのでサビでは拳上げて頑張ってみた♪
知ってる曲多かったけど、クライモアはついつい酒井さんのツイート思い出しちゃうよね(笑)

12番手はDaizyStripper
キラキラしてました。
下手のGtの人?すっごい動いてた(笑)
Voの人が突然アカペラで歌った♪消臭力〜より衝撃的だったのは
最初のSEの後にCMでも流れてた女の子の囁き声で
「デイジー、ストリッパー…」って入ったこと!
いろんな意味で新鮮でした(笑)

13番手はJILS
途中から見たんですがaieくんとkazuくんがサポートでした。
YUKIYAさん、相変わらずDrの人いじってた(笑)
でも負けじとDrの人が対抗してたのが面白かったです。
MCはいつものように「今年最後に観るバンドがオレらです。」みたいに毒づいてたとこもあったけど、
バンドって、いつかは解散するんだよ、っていうシリアスなお話もしていて。
お酒入ってたこともあったけど、MCを聞いててちょっとうるっときてました。
音楽に対する姿勢が、すごく真っ当で、なんていったらいいかわかんないけど…。
色んなことを思い返すきっかけになったし、
だからこそ、色んなバンドにたくさん触れて、自分の好きなバンドを更に応援していこうって気持ちになれたかな。

そしてあっという間にカウントダウン!
なかなか出てこなくて年明けちゃうー!って焦ってたら、
皆さん4分前くらいにゾロゾロ出てきて、あっけなくおめでとー★
なんかしよーと思ったのに何もできなかった…残念。
しかもあの中にdefの皆さんもいたなんて…
黒ちゃんもいたらしいけど全然解んなかった(T_T)

14番手は葉月セッション
Vo.葉月(lynch.)
Gt.HIRO
    ミヤ(ムック)
Ba.RYO(defspiral)
Dr.ササブチヒロシ
これまたファンじゃなくても聴きなれたLOVELESS
LUNA SEAって正統派なセッションだなーって思って見てたら
(・▽・)下手にいるのミヤくんじゃない?
(・Å・)え、違うでしょ?
続いてSLAVE←この辺はタイトルと曲が一致しないんで後から判明。
その後、HIROさんのGtがトラブって、その間を縫ってメンバー紹介。
…当たってました。
すいませんうり様。
ここだけの話、HIROさんも弍くんだと思ってました本当にごめんなさい…。
でも、HIROさんのおかげでちょっとミヤくんの声も聞けたしね?
うり様がHIROさんっていつもトラブるよねーって言ってたんですが、
そういやそーだねと。
ラクリーとかリブライアンとかではどーなんかね?
で、ラストはPRECIOUS…
もちろん知ってる曲でしたがこれもタイトルが一致してなかった(T_T)

15番手はドレミ團
マコトくんの服が紅白で目立ってました。
解散なのかーとしんみりしつつも、なんとなくエアポケットに入ってまったりしてました。
長時間のイベントだとふと意識飛ぶときあるよねー。
あまり記憶がない…。

16番手はギルガメッシュ
こちらもサウンドチェック時に♪Listen to my〜って流れてきました(笑)
BGMではAKBやらモー娘やらパフュームが流れたりしたんですが、
バンギャの皆さんのフリの完璧さに爆笑させていただきました★
そしてライブは昔の曲からスタート。
聞いたことあるけどなんだっけ?でもカッコイイなん。
と思って左迅くんのブログ見たらvolcanoでした。
にゃる。
こういうギルガメ好き♪
パッチワークが聴きたくなったさー。
Break DownMISSION CODEと続いてMC。
ここに来る前に日サロに行ってきた!って言ってたけど、
目が悪いからどんな感じになってるのか見えなかった…。
なんかサンバイザー被って目の周りが黒くなってんの?って感じでした(笑)
でもでも、続いてのタイトルコールが「CRAZY FLAG」!!
もーテンションだだ上がりでカーデ脱いで戦闘態勢っす★
極悪コーラスと左迅くんのデスボイス最高♪
ちょーー楽しかった!!!
うり様の苦手なタオルソングsunriseに続いて、ラストはやっぱりevolution!!
JACKのセトリと合わせて、ワンマン1本見た位の充実感がありました♪

17番手はMERRY
似てるなーと思いながら聴いてたら、やっぱりdirだった!(笑)
これ前にも聞いたことある気がするけど、気づかないってどうなんだろ?
不均衡キネマジャパニーズモダニストといい流れで続き、絶望
ガラくんのお習字タイムも挟みつつ、
バイオレットハレンチで隣の人を咲かせ(笑)、サビで爆発し、
ラストは消毒
ガラくんのキレがイマイチ足りなかったかなー?というか、
やっぱりパンクすぎるメリーはあんま好きじゃないみたいです。
大佑追悼ライブの方が楽しかった★
カウントダウンジャパンの選曲はどうだったのかなぁ?

で、トリ。逹瑯ガラseekセッション
Vo.逹瑯(ムック)
   ガラ(MERRY)
Gt.玲央(lynch.)
   Sizna(Moran)
Ba.seek(Mix Speaker's Inc.)
key.彩雨(摩天楼オペラ)
Dr.Яyo(ギルガメッシュ)
Nausicaa requiemがSEだったらしい…。
で、始まったのはカントリーロード(メタルVer)!!
正直唖然としたけど、こりゃ、ノったモン勝ちだな、と頑張ってみました★
気になっていたMCは主に逹瑯くんが担当。
メンバー紹介と、出る直前のガラくんのシャワールームでのひとコマも話してくれました(笑)

2曲目はブルハのTRAIN-TRAIN!!!
すごい良かった★
歌詞の一言一言が心に響いて、今までも名曲だと思ってたけど、
改めていい曲だと実感。
特に後半の歌詞がヤバイくらいにキてしまった…。
逹瑯くんが歌って、続きをガラくんが歌って。
この場にいないもう1人の存在を、強く感じました。
なんでこんな楽しそうなことやってんだよ、
オレも混ぜてくれよ、
そんな声が聞こえてきそうだったな。
誤解を恐れずに言うのであれば、あの場で一番の笑顔で楽しんでたのは彼かもしれない。
2人のボーカリストの声質的にもすごいよく似合う曲でした。
この日一番の収穫♪
そしてラストはキズナソング(THE BACK HORN)。
これもえっ?って思ったけど、聴いてみて、これほど2011年のラストに似合う曲はないなと。
正直、あんまり上手くはなかったけど(笑)
2人の歌声はしっかりと心の奥に刻まれました。
やっぱり音楽っていいね。

名残惜しかったけど、これで全て終了。
時計を見ると3時半を回っていて。
前見た時もそうだったけど、長丁場の割には早く感じたかな。
バンギャの皆さんの、どのバンドも楽しもうとする姿勢がすごく感じられたイベントでした。
最後の方の転換が、もうちょっと早かったら良かったかな?

途中YUKKEがいつもの場所に出てきたり、
MERRYのステージを真剣に見てる逹瑯くんが見えたり、
同志として、ライバルとして、
どのバンドもそれぞれめーいっぱい楽しんで、カッコイイステージを見せてくれたと思うし、
1年に1回、めちゃくちゃになって遊べるこの場所は、いつまでも無くさないで欲しいなと思う。

やっぱこんなこと出来るのこの人たちしかいないよね。
2012年もそれぞれのバンドの飛躍を更に期待すると共に、
このシーンがもっともっと実りあるものになればいいなぁと思いながらこの日初めてのビールを飲んで帰宅しました。

お疲れ様!!
またね★
| LIVE | 03:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mizuzoko.jugem.jp/trackback/987
トラックバック